Jリーガーになるためには?意識や日常から____奥田 裕貴(ガイナーレ鳥取)

Jリーガーになるためには?意識や日常から____奥田 裕貴(ガイナーレ鳥取)
スポンサードリンク



奥田 裕貴
南大阪SS → ガンバ大阪門真Jrユース → 初芝橋本高校 → 明治大学
中学校時代はガンバ大阪門真ジュニアユースでプレーし、初芝橋本高校では3軍からスタートし3年生で1軍昇格して全国大会に出場した。
学業成績の推薦で明治大学へ進学し練習生からトップチームに昇格した。
大学卒業後はJFLのトップチームから来たオファーを断り、元U-20日本代表監督の西村昭宏監督に請われて2015年に地域リーグのアイゴッソ高知へ加入。2016年からは、高知UトラスターFCと統合された高知ユナイテッドSCでプレーしたが、同年シーズン終了後に契約満了で退団した。
J1やJ2のチームから練習参加の声がかかるようになり、2017年よりY.S.C.C.横浜へ移籍加入した。2017シーズン限りで退団となり、2018シーズンよりガイナーレ鳥取へ完全移籍した




サッカーの始まりは?

奥)

幼稚園のころお母さんの友達がサッカーのコーチをしていて
その影響もあってサッカーを始めましたが
喘息で一日で倒れました。笑
一年後に再開してそれからサッカー人生が始まりましたね。


現代のサッカーキッズたちに

奥)
自分は小学校の頃から怪我が多かったです。
幼少期の頃の怪我って大人になっても引きずったり
しますから、サッカーを始めた頃から意識して
やることが大事だと思います。親御さんの力はすごく大事ですね。


具体的に言うと?

奥)
小さい頃からお風呂に入ったり
昔で言うと柔軟?笑
今で言うとストレッチ。
これをしっかりやることが本当に大事だと思います。


あとはいろんなスポーツをすること!!
サッカーもそうですけど
木登りや、鉄棒とかうんてい的なものもそうですね。
色々な動きをしてサッカーだけに限らず
様々なスポーツを通じてサッカーに当てはめたりすることは大事だと思います。


どのような少年でしたか?

奥)
一生懸命誰よりも練習しました。
とにかく練習してたのを覚えています
休みの日も公園に行ったりしてボールを蹴っていましたね。
そのおかげでセレッソのアンダー12スクール選抜にも入ることができました。


サッカー選手になるために

奥)
まずはフィジカル面とメンタル面を強化することですね。
技術は後からついてくると思います。
フィジカルを変えると使える技術が変わると思います。


体の使い方というのは
走るスピードもそうですけど
腕だったら
肩甲骨から意識して動かしたりすることですね
末端の方に力が入らないようにしていくことが重要だと思います。
プロでも陸上のスプリントコーチをつけてる選手もいるぐらいですから。


プロにいって
6・7時間練習してる人は少ないと思います。
どれだけ効率よく質の良い練習ができるかは大事ですね。


それを小学校の時から意識することができたらすごい思いますし
プロに行こうと思えばそこを意識するといいと思います。


奥田選手が考えるメンタル面

J1の選手の方から聞いたんですが
J1〜J3の選手でも
そこまで実力の差があるかと言われると
大差があるわけではないと聞きました。
なので人間として差や、何か、人として知性が高いかということも結構大事ですね。
チームスポーツなので監督にも嫌な顔とかしてしまうとそこで信頼が損なわれたり
人間性だけで上まで登り詰めている人もいると思います。


それとJ1でプレーする選手は
バイタリティーや行動力がすごいですね
うちの北野さんは僕もすごく尊敬してる方なんですけど
とにかく行動力があってすごいと思います。
サッカーの場だけではなく色々な人に会って色々なところから吸収してるところ
こう言うのがJ1の選手なのかなって思いますね。


小・中学生のトレーニングについて

奥)
中学からウエイトトレーニングはいらないですね
やっぱ高校からでいいと思う。今すごくコーディネーショントレーニングとかは
お勧めします。



※コーディネーショントレーニング
神経系のトレーニングの一種で
耳から目から入ってきた情報をより細かく正確に行動に移すトレーニング。
ラダートレーニングをしながら手を動かしたり手と足の左右非対称の動きをしたりする運動




あとは、、、
自分の子供ができたらこれしますってトレーニングありました。笑


バランス感覚のトレーニングなんですが
バランスディスクに乗りながらインサイドキックの練習したりリフティングしたり。


力を変なところに入れれば入れるほどぶれますから
お勧めのトレーニング方法ですね。


自体重でのトレーニングですかね。
体幹には入れるところと抜いていいとこがあると思います
それをトレーニングなんかでできたら最高ですよね!
力入れるところ抜くところを使い分けるトレーニングをすると
大人になっても忘れずに使い続けれると思います。

ピラミットと一緒で土台をつくるってこと
パワーとかは後からでいいし
細くても強い選手はこの世界にはたくさんいるんで。


Jリーガになるために

奥)
実力半分、運と人脈半分のような気がします。
小学校、中学校から意識高く
強豪校に行けば色々な人が見てくれるし
いろんな要素があると思う
今になれば運はかなり大きいなと思います。


運を味方につけるには

奥)
流れ?笑
いい流れの時ってどんな選手もあると思います。



それはずばり、


スポンサードリンク